コーヒーミル



ものすごく久しぶりの更新。
少し慌ただしく時間が過ぎてしまいました。


最近、コーヒーミルを新調しました。
新調といっても、かなり古いものを新しく買ったという話なのですが、
これがすごくかっこいい。


みる.JPG
LEINBROCK社という、ドイツ(旧東ドイツ)のメーカーのものです。
素晴らしいコンディションにレストアされていて、
豆を挽きながら感じる手応えが最高です。
やはりこの時代のミルは、挽き歯のクオリティが高いのでしょう。
すりつぶすというよりは豆を切るような感覚です。
といいつつも、これまで使っていた安物のほうが挽きやすいんじゃないかとか
思ったりもしているのですが・・・。
少し慣れが必要ですね。


いちいち物好きなのもどうなんだという気もしますが、
やはり好きなものは好きなのでしょうがないですね。
新品では決して感じることができない、
角の取れた、優しい感触はヴィンテージの魅力です。


ミルを使いたいからコーヒーを飲もう、
しばらくはそんな感じだろうと思います。




BLOG - Mono のバックナンバー